甍の波と雲の波に泳ぐ鯉のぼり

こいのぼりは鯉幟と漢字で書きます。
鯉は出世魚と言われ幟のように高く上げ男子の出生祝ったのが始まりでした。
昭和時代までは家々の屋根にたなびいていましたが住宅事情も手伝って最近では見られなくなりました。
また、男子誕生を祝うだけでなく女子を含めた「子供の日」として定着しています。

柏餅もこの時期に合わせて作られ、子供の日に食べます。
柏の木は真っ直ぐ高く育つことで葉は餅を包むのに使われます。
昔からのいわれは大切に伝承したいものです。