「いずれアヤメかカキツバタ」と言われるように見分けにくいアヤメ科のノバナショウブ、カキツバタ、アヤメ

広告

斑紋で見分ける

 アヤメもカキツバタも時期が過ぎてしまったのですが、咲き残っていたものを写真に収めました。

1,カキツバタ

 剣状の葉を持ち、姿が優雅な燕子花(カキツバタ)、アヤメに比べると花びらがやや尖っています。
見分け方が難しいのですが、カキツバタの基部は白い斑がすらっと出ています。

2,アヤメ
 
 文目と漢字で書くように、花びらの基部に黄色と黒っぽい虎斑が文目模様になっています。


3,ハナショウブ
 花菖蒲と書きますが、端午の節句に使われる菖蒲とは異なります。
花菖蒲の特徴は花びらの基部が黄色です。
姿は非常に優雅です。


 

 

広告

NO IMAGE