5月5日は子どもの日、端午の節句

5月の節句に関する言葉はたくさんあります。
端午の節句、五月人形、武者人形、菖蒲湯、尚武、幟、鯉幟、粽(ちまき)、柏餅、など。

子どもの日と決められたのは戦後

子どもの日と名付けられたのは戦後のことです。戦前、戦後で呼び方まで変わってしまったのですね。昔は端午の節句と呼ばれ、男の子が生まれると鯉のぼりを揚げて祝う習慣がありました。我が家も5月5日には鯉のぼりを揚げていました。
男子が元気よく育ってほしいという願いを込めたその気持ちと伝統は伝えていかねばなりません。

最近は鯉幟を見ることがめっきり減ってしまいました。
住宅事情や文化の変化でしょうか。
その代わり、家庭の鯉のぼりを持ち寄って河原などで泳がせる方法がとられ、空に泳ぐ鯉のぼりを多くの人たちが同じ場所で共有できるメリットがあります。

食べ物

子供の日に柏餅や笹団子を頂きます。
柏餅は柏の葉にくるまれた団子ですがこの柏の葉がまっすぐ高くの伸びることから縁起物の食べ物になっています。
子どもがすくすくと成長することを願う意味がこもっています。

生活

菖蒲の季節でもあり、尚武が菖蒲と同じ読みから菖蒲湯に浸かることをします。
菖蒲湯は殺菌効果が期待できるとも言われています。

「粽食べ食べ兄さんが計ってくれた背のたけ♪」という歌にもあるように粽を作ります。