さくらsakura標本木が開花H30-03-17春うららかな日の花見

標本木の桜はソメイヨシノ

気象庁の桜開花宣言が3月17日靖国神社で発表されました。
翌日18日、うららかな日に誘われてお花見に。
標本木の桜はソメイヨシノです。大切に菰に巻かれています。

吉野桜も立派な姿で開花準備している様子。

催しも開催されていましたがちょうどいい込み具合でした。
近くの大学で卒業式があったようで着物と袴姿の女子大生を見受けました。

境内に入る大鳥居前に咲いていた桜

 

野生種のサクラが都内で13種類の内10種類見られるとTV放映での説明。

ヤマ桜 マメ桜、エド桜、ホシ桜(世界で100株しか存在しない)カスミ桜、ヤブ桜、オオシマ桜、オヤマ桜、チョウジ(?)桜、タカネ桜

日本古来の桜、山桜は花と葉が同時に咲くという。
ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの掛け合わせで出来たというもの。

桜は夏に形成され、秋に休眠状態に入り、冬に休眠打破と言って寒さで目が覚めるらしい。
その休眠打破によって開花が関係するという。

山桜の葉が出始めています

千鳥ヶ淵の桜

桜の種類によって開花時期がこんなにも違うんですね。

 

お堀の桜と鴨

画像処理した鴨の様子を見てください。

 

桜色のケーキで一服

シュークリームの上に桜色のクリームとチョコが乗っている甘さをおさえた洋菓子です。

シュークリームの中にベリー系の甘酸っぱいクリームが甘さを抑えています。
春は桜色が似合います。

 

動く桜の写真。
窓やガラス、壁などに吸着する、貼って楽しむさくら。