2020年干支「子」は神の使い

京都に「狛犬」ならぬ「こまねずみ」が鎮座している神社があるそうです。
祀っているのは大国主命です。

古事記の中では大国主の命はいろいろな試練を受けていたようです。
「根の国」では一面が火の野原になったところにオオクニヌシ自身が置かれてしまい、どちらへ逃げたらよいか困っている時にネズミが出てきて、洞穴を案内してくれたお蔭で命拾いをしたという神話があります。
大国主命を助けたネズミということでコマネズミが神社を守っているそうですよ。

12年前の子年に伊勢神宮参拝の時に購入した木彫りのネズミ。

日本の暦 12か月

1月睦月は初という字がつく行事がたくさんあります。

1月 睦月(むつき)
   「む」は初という意味があるそうです。
    初詣で(1月1日)
初荷(1月2日)
初辰(1月2日)初夢(1月2日)
     初己(1月3日)
初水天宮(1月5日)
初酉(1月7日)
初薬師(1月8日)
    初亥(1月9日)
初子(1月10日)初金毘羅(1月10日)
初寅(1月12日)
    初観音(1月18日)
初大師(1月21日)
初地蔵(1月24日)
初天神(1月25日)
初不動(1月28日)
2月 如月(きさらぎ)
3月 弥生(やよい)
4月 卯月(うづき)
5月 皐月(さつき)
6月 水無月(みなづき)
7月 文月(ふみづき)
8月 葉月(はづき)
9月 長月(ながつき)
10月神無月(かんなづき)
11月霜月(しもつき)
12月師走(しわす)