あれもこれもリチュウムイオンのお蔭

昭和23年生まれの団塊世代の吉野彰氏(旭化成の名誉フェロー)がノーベル化学賞を受賞しました。
リチュウムイオン電池の開発者です。

ニッケル電池からリチュウムイオン電池になって身の回りのものが小型で軽いものに変わったということです。

あれもこれもリチュウムイオン電池のお蔭なのです。


明るい顔のノーベル化学賞受賞者、吉野彰氏

私たちはスマホ、ビデオカメラ、ノートパソコン、デジタルカメラなど数え切れないほどリチュウムイオン電池の恩恵を受けています。

スケールの大きいことでは、はやぶさ2に搭載、ボーイング787のエンジンが電動駆動に代わる、新幹線N700S形の自動走行システムを支えているなど。

はやぶさ2に搭載された理由にリチュウムイオン電池は宇宙の中で充電を繰り返すことができ、その上劣化しにくいという長所があったからという。

当のご本人はスマホも最近まで使っていなかったと笑っていました。

研究人生の最初の頃

30年以上の研究を重ねてきた苦労を明るく受け止めている吉野氏ですが、研究を始めて3~4年後が辛かったと述べています。
今から33年前ほど前のことです。
次から次へと解決していかなければならない問題があったというのです。

その頃、枕に髪の毛がくっついているのを見てストレスがあるんだなと感じたと奥様が言われていました。
こういうこと(受賞)になるならもっとサポートしてあげればよかったと笑って話す奥様も明るい!

研究はマイナス極の材料から始めたという。

研究に大切なことは柔軟性と鋼直性、そして執念という。
未来を読みながら研究する先読みすることは、少々の苦労をものともしない。

作っても売れない時期があったが、windows95が出てきたのをきっかけに道が開けたという。

携帯に使えるとはだれも想像していなかった時期、世の中ではポータブル化していく流れがあり小型化が必要だったことに繋がった。

同僚の研究者が、吉野氏は誰も思いつかないことにひらめきがある人だったという。

座右の銘は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」というのも頷けます。
この齢になっても謙虚にという姿勢は変えないとのこと。

子供たちへのメッセージ

子供たちへのメッセージは、好奇心を持つこと、いろいろと経験していくこと、そして、だれかがきっかけを与えられることが必要だと。

自分自身もきっかけを与えてくれる人がいた、大騒ぎして喜ぶことも大切ですという吉野氏の顔は子供のように明るい。

ご自身が子供の頃、ろうそくの芯は何のためにあるのだろう?という思いから化学に興味を持ったという。

リチュウムイオン電池の伸びしろ

リチュウムイオンはまだまだ謎が多いというのです。
リチュウムイオン元素は軽い元素で、そのものはシンプルだがイオンになった時に挙動が出てくることがある。
伸びしろがある分野ですという。

IOT, AIが融合して新しい世界を生み出していく、その時に大きな役割を果たすのではないでしょうかと。

カメラがたくさんあったのでドッキリカメラだと思ったと言って場を和ませている吉野氏でした。(TV報道から)




金銀山で有名な佐渡には歴史的な物語がいっぱい

百人一首百番目の歌は佐渡に流された順徳院の歌

百敷や 古き軒端の しのぶにも なほ余りある 昔なりけり

百人一首 順徳院

繁栄した昔を忍んで歌ったものが最後の百番目を飾っています。

承久の乱で敗れた順徳院(天皇の位を退位して承久の乱に参加)は佐渡に流罪となり、そこで20年以上過ごしたと言われています。
そして佐渡で一生を終えました。
能の世阿弥や宗教家日蓮なども佐渡に流罪となっています。

佐渡には悲しい物語がいっぱいですが、そんな佐渡には金銀山があり、江戸時代には重要な土地でした。
政治的に流罪となった文化人の影響で、文化遺産が今もなお多くあります。

ジェットホイルで佐渡へ

新潟港からジェットホイルで佐渡へ向かいました。
新潟駅から新潟港まではタクシーで10分ほどで行けます。

新潟港から両津港へは50分ほどの船旅ですがほとんど揺れません。
フェリーとジェットホイルがあり、佐渡で車を使いたい人はフェリーがいいでしょう。
ジェットホイルはフェリーより30分ほど短縮できますがゆっくり日本海を楽しむ方はフェリーでも。

両津港が見えてきました。
国際保護鳥の朱鷺、トキ色は顔の辺りの色のことです。羽を広げた時の内側もトキ色です。
金銀山に向かう途中に史跡があります。

金山の中はひんやりして暗い

金山の洞窟はひんやりしていて冷房知らずですが真っ暗な中の作業で視力を失う人も出たとか。
金山が幕府の重要な場所だったことは対岸の本州側、出雲崎の歴史標から理解できます。

砂金堀の様子が模型で示されています。

佐渡からの船着き場は重要な場所だった

佐渡からの船着き場に出雲崎があります。
明治天皇の行幸や吉田松陰の来県の記録があることから重要な土地であったことが窺えます。

鎖国中イギリス人、アメリカ人、ドイツ人も訪れています。

この出雲崎の港から順徳院は佐渡に流されました。

海岸線

海は荒海、向うは佐渡よ~♪という歌があります。
海岸線に沿って走ると人面岩を見つけました。

ところで佐渡にはクマはもちろんイノシシもいないと聞きましたが確かではありません。

今治謹製 紋織タオルを頂きました

今治ブランドを使用するには条件をクリアしなければならないようです。

吸水性と肌触りが抜群の今治タオルの箱の中の様子、奈良時代から築上げた職人の技がタオルの中に詰まっています。

大正時代からのジャガード織の先駆者としての今治、日本人の繊細な肌にはもちろんのこと、世界中でも評判の今治タオルです。

綿100%のこのタオルは紋様になっていて、海や川の流れを連想させます。
心地よい感触が気分を和らげてくれます。

贈り物に使いたくなるほどのタオルと丁寧な内容です。
波をイメージしたタオルがこちらです。↓↓

瀬戸内海の大島、大三島、伯方島などを通り今治市と尾道を結ぶしまなみ海道があり交通は非常に便利になっています。
尾道から今治迄までの距離は46.6km
途中、伯方の塩で有名な伯方を通ります。

因みに、瀬戸内海の美しさは明治時代に外国人によって発見されたと言われています。

お数珠の持ち方、お焼香の仕方

暑い夏も終わり、お彼岸が近づいてきました。
お数珠を持ってお参りする方が多いと思います。
そのお数珠、焼香をする時に人それぞれのやり方、数珠の持ち方があります。

あるご住職のお話です。「私は浄土真宗東本願寺と大谷派の教えしか知りませんから、他の宗派のやり方は知りません」と前置きされました。

簡易型のお数珠は(白い)珠を下にして(房が下がる)親指と人差し指の間で挟み、両手を数珠の輪の中に入れます。
ところが片手だけを輪に入れもうひとつの手のひらで抑える人、また数珠は片手の手首のところにぶらさげて手を合わせる人、いろいろな方がいらっしゃいました。

私は他の宗教の事を知りませんからどれが間違いかは言いません。
私が教わってきたやりかた、数珠の輪の中に両手の掌を合わせて入れる。このやり方しか知りません。

また長い108の数珠玉の珠の正式な場合は、房が長いので白玉も上にして(つまり房も上にして)房を左側に垂らすというのが東本願寺の作法となっております。
この頃は、葬儀場の係の人が作法を説明してくれることが多くなりましたから迷うことが少なくなったかもしれません。
東本願寺大谷派は、抹香を押しいただかないで2回つまんで香炉に落とす(宗派によって違います)

お焼香も最初に説明があるのは助かります。
お数珠を忘れてしまったり、お数珠を使わない宗派のひとは使わなくても心配無用とのことです。

春の彼岸の法話

春の彼岸の日に、お寺様の法話の中で「死」という字の説明がありました。
左の夕という字は骨を表していて右のカタカナ「ヒ」に似ている字は向き合う姿を表し合掌した形に似ている。

だれもが向き合う人生の最期、子に先立たれた親の心境は計り知れない悲しみがあります。と続きます。
お話の中で禅僧、良寛の歌の話が出ました。

「散る桜、残る桜も、散る桜」

良寛

子供と遊ぶ良寛和尚
桜ははかなく散っていきますが残っている桜もやがて散っていきます。
はかなさが桜の歌で例えられています。
良寛はこの歌を桜で有名な吉野の里で作ったということです。


シュリーマンが見た江戸

「シュリーマン旅行記 清国・日本」の放送が公共放送から流れてきます。
教科書で学んだトロイの遺跡を発掘した、あのハインリッヒ・シュリーマンです。
江戸末期に日本を訪れている。

素晴らしい評判を山ほど聞いていたので、私は江戸へ行きたくてうずうずしていた。(石井和子訳)

幕末の江戸では開港か否かをめぐって安定しない情勢だった。
見るもの聞くものを事細かく書いている。
日本人にとっては当たり前の生活様式だが、シュリーマンは日本の文化に感嘆している。

茶碗について

まるで卵の殻のように薄いにもかかわらず、きわめて丈夫な陶器の茶碗があると書いている。

西洋人にとっては小さすぎて、何に使われるのかわからないと言いながら、光り輝く漆器や蒔絵の盆などの美しさについて感心している。

江戸時代 の様子が私たち日本人にとっても目に浮かぶようだ。

絹織物

シュリーマンはこの織物屋の畳にも目が行っていて、長年にわたって清潔に保たれていると書いている。
特に反物屋の畳はきれいなのは私たちにとっては常識。
その反物屋に下駄を脱いで畳の上に座り品定めをしている客の様子が書かれている。

そういえば昭和の初めは京都大丸での買い物で草履を脱いで上がったということを昔の人から聞いている。

流石のシュリーマンの観察力。
反物は引き出しから出すのではなく在庫品置き場の上の階まで取りに行くところまで見ている。

国産の絹織物を扱う店が多いのに驚いている。
品数の豊かさ店の大きさにも触れている。

障子戸を広く開けて反物を打っている店は今でもあるが、 着物が主流の生活様式であった 江戸時代には現在の反物屋よりもっと活気があったに違いない。

女性の服装

着物の下着は木綿で前開きであり、その上に鮮明な色彩の長い着物を付けていて長い帯で巻かれている。

帯の結び目のところを、昔の弾薬入りのようだと例えている。
日本人にとって弾薬入りがどんなものか分からないが、丸びを帯びた帯が珍しく映ったのではないかと思う。

GIFアニメAdobe After Effectsを使用「着物を着た女の子が踊る」

髷(まげ)

昔は、この絵のような振袖を着て髷(まげ)を結っていたのは独身の女性でした。髷とは髪を頭の上に束ねて結ったもの。

本来は着物一面に柄があるのが普通でkimono柄の多さは数え切れないほどです。織り方によっても柄が変わります。
織物で代表的なものは京都の西陣織です。

頼山陽の俗曲があります。
学校の国語の勉強に今でも「起承転結」の具体例として取り上げられる歌です。
母親から聞かされた歌が「起承転結」に関連しているとは知らなかったですが。

起:京で一番糸屋の娘
承:姉は十七妹は十五
転:諸国大名は弓矢でころす
結:糸屋の娘は目でころす

不適切な言葉がありますが原文のままです。

GIF

そんな女の子(おばあちゃんが描いたオリジナル絵)をGIFファイルで動かしてみました。GIFファイルはバイト数が比較的少ないので画像をアップするのには便利です。

絵は手書きの絵をペンツールでなぞってコンピューター仕様にし、色塗をしたもの。

パペットツール

パペットピンツールで袖を曲げています。
パペットピンツールというのは動かしたい場所にピンを打って形を変えるという機能です。自然の形に、自由自在に動かせ非常に便利な機能です。
振袖なのに柄が少ないのでこれから加えていくつもりです。

Adobe After Effectsを使用。

これが紙粘土細工?と思うほど丁寧に作られているpaper clay

仕事に生きる人、趣味を楽しむ時間がある人それぞれですが細かい作業を得意とする女性が多い日本。

紙粘土は小学校の工作と思い込んでいたことが間違いだったのに気づきました。
インタ-ネットによって自分の趣味を大勢の人たちに見てもらう機会が増えて、ますます磨きがかかってきます。
そんな一例です。

欄の花は白色、その白をリアルに再現するのに日数がかかってしまったということです。
それにしても根気のいる作業です。

DSC_0150

和装では欠かせない帯と帯締め!銀色に光る帯とサンゴの帯締めの色合い

着物の帯は洋風で言うとベルトに相当しますが、全くイメージが違います。

日本の帯の種類が豊富なことは言うまでもありません。
ファッションの一つなので当然と言えば当然ですが、買わずとも見るだけでもウキウキします。

「帯に短し 襷に長し」という諺がありますが、役に立たないという意味です。

帯にする最終段階(縫い合わせる)を作っていたのを見たことがありますが昔の女性はそういう点では器用にならざるを得なかったようです。

反物を縫う人たちは極端に減ってきました。
女性のたしなみの一つとして反物縫いは必須だった時代も。
今は職人さん任せになってしまったのですが生活の為ではなく、趣味用の手織り機が販売されています。

帯の結び方

帯の結び方は一度覚えてしまえば楽ですがめったに着ないお帯のために練習する人も減ってきたのではと思います。

写真の帯の柄は真ん中の位置を気にせず結ぶことができるので重宝します。
帯の合理的な点は一枚の長い反物なので折って仕舞うことができる所です。

帯の結び方の説明が丁寧にされている動画を見つけました。
他にも沢山あるようです。

帯どめ

帯には帯留めを使いますが使わないことの方が多い。
サンゴの帯締めも使わずじまいで眺めるばかり。

母から譲り受けたものですが、母はその父親から贈られたもの(私たちからは祖父)で、細工はキチンとされているので長持ちしています。

京都では観光客が舞妓姿で街を歩いているのを見ますが本当の舞妓さんと、にわか舞妓さんとはすぐ区別ができます。

これもご愛敬。

*旅行するなら宿泊場所探しが必要です。
【TripAdvisor】

ノンアルコールの甘酒は米と麹で作られ栄養価の高い飲み物です

今、あま酒がブームですがこの飲み物は江戸時代から飲まれているものです。
早くできるので昔は一夜酒とも呼ばれていました。
暑気払いに飲まれていたようです。

・ノンアルコールのあま酒はお子様でも飲める飲み物です。

・酒粕を溶かして作るあま酒は若干アルコールが含まれています。

ノンアルコールのあま酒は老若男女が飲める飲み物です。

メーカーによって甘さの度合いが変わりますが、好みのあま酒を見つける楽しみがあります。
米に麹菌を付着させ、そのあと30℃くらいの麹室(こうじむろ)で寝かせます。

原材料はお米、麹ですが、味噌醸造業等で作るあま酒と酒蔵が作るあま酒に
少しの違いがあります。

砂糖不使用のあま酒なのに自然に出てくる甘味・旨みに驚きます。

甘さすっきり後味さっぱりの栄養価の高いあま酒が出来上がりますが、摂りすぎには注意したほうがいいです。

酒蔵で作る場合、精米度合いが高く一般的に米粒が小さく見た目にも分かります。

*****3月のひな祭りに代表されるのは「白酒」ですが、あま酒とは違います。
農林水産省のページに詳しく書かれています

*甘酒のちょっと変わった飲み方
 お肉を炒めるときに甘酒を注ぐ。
 今流行のタピオカに入れて飲む。
 炭酸水で割って飲む。
 ハーブを混ぜて飲む。

 

>【送料無料】米糀だけでつくった「あまさけ」500ml 選べる3種セット(ノンアルコール 甘酒) [甘さけ あま酒 こうじ甘酒 麹 ひなまつり(ひな祭り) 結婚祝い 結婚内祝い 景品 景品 賞品 お彼岸 お取り寄せ ギフト お祝い 出産 内祝い お礼 プレゼント お土産 手土産 お返し]

価格:2,850円
(2017/2/12 23:21時点)
感想(7件)

炭酸水で割った甘酒も美味しくすっきり感があります

甘酒をカップに4分の1ほど入れます
炭酸水を足します。スッキリした飲み心地の甘酒になります。

2016年の大雪は12月7日、冬至は12月21日一陽来復

2016年の暦による「大雪」(たいせつ)は12月7日です。
温暖な地方でも雪が降ることがあり、雪国では文字通り大雪になることが
あります。
歳の暮と重なり、忙しさと寒さの師走となります。

大雪の後、今年は21日が冬至となります。
冬至は二四気のひとつで立冬より45日後頃に当たります。
今年の冬至は12月21日、昼間の時間が最も短い日となります。

冬至を境に昼間の時間が徐々に長くなってきます。
太陽が戻って来るということから「一陽来復」と呼ばれます。

この日にゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べて体を温める習慣があります。