2月11日は建国記念の日、連綿と続く神話の国、日本

日本のはじまり 日本の建国が紀元前660年ですから、今年は建国から2681年になります。この日は最初の天皇、神武天皇即位の日とされています。日本書紀によると神武天皇は神日本磐余彦天皇(かむやまといはれびこのすめらみこと)… 続きを読む 2月11日は建国記念の日、連綿と続く神話の国、日本

日本昔話◇はなさかじいさんのone scene◇枯れ木に花を咲かせます

日本昔話のはなさかじいさんは老若男女が知っている話です。正直爺さんに助けられた犬のポチが「ここ掘れワンワン」と吠えると小判がザクザク!と出てきたり、枯れ木に花を咲かせるという話ですが、そこには正直な人間模様が、悪だくみを… 続きを読む 日本昔話◇はなさかじいさんのone scene◇枯れ木に花を咲かせます

投稿日:
カテゴリー: 生活

もう届かない年賀状、コスモスを眺めながら想う

秋に想う 父親の他界後の気持ちを綴った文です。  実家の庭先に咲いた淡い色の花。父が部屋から眺められるようにと蒔いたコスモスが秋の風に揺れています。 昨年の今頃、コスモスの揺れるのを眺めながら、年老いた両親とともに行く秋… 続きを読む もう届かない年賀状、コスモスを眺めながら想う

日本の秋の田園風景、真っ直ぐにのびるあぜ道

お米について 今年は米の出荷量までコロナ感染症の影響を受けていると聞いています。 しかし、秋になれば田んぼ一面に穂をつけて実りの秋となります。各県ごとに多品種の米が生産されていてその地方の風土にあったお米が収穫されていま… 続きを読む 日本の秋の田園風景、真っ直ぐにのびるあぜ道

2020年干支「子」は神の使い

2016/ 7/17 16:22

京都に「狛犬」ならぬ「こまねずみ」が鎮座している神社があるそうです。祀っているのは大国主命です。古事記の中では大国主の命はいろいろな試練を受けていたようです。「根の国」では一面が火の野原になったところにオオクニヌシ自身が… 続きを読む 2020年干支「子」は神の使い

あれもこれもリチュウムイオンのお蔭

昭和23年生まれの団塊世代の吉野彰氏(旭化成の名誉フェロー)がノーベル化学賞を受賞しました。リチュウムイオン電池の開発者です。 ニッケル電池からリチュウムイオン電池になって身の回りのものが小型で軽いものに変わったというこ… 続きを読む あれもこれもリチュウムイオンのお蔭

金銀山で有名な佐渡には歴史的な物語がいっぱい

百人一首百番目の歌は佐渡に流された順徳院の歌 百敷や 古き軒端の しのぶにも なほ余りある 昔なりけり 百人一首 順徳院 繁栄した昔を忍んで歌ったものが最後の百番目を飾っています。 承久の乱で敗れた順徳院(天皇の位を退位… 続きを読む 金銀山で有名な佐渡には歴史的な物語がいっぱい

今治謹製 紋織タオルを頂きました

今治ブランドを使用するには条件をクリアしなければならないようです。 吸水性と肌触りが抜群の今治タオルの箱の中の様子、奈良時代から築上げた職人の技がタオルの中に詰まっています。 大正時代からのジャガード織の先駆者としての今… 続きを読む 今治謹製 紋織タオルを頂きました