新元号「令和」は万葉集から

初春の令月にして気淑く風和ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫らす(万葉集)


4月1日の今日、菅官房長官から新元号が発表されました。

今上天皇が譲位される4月30日に先立ち、今日新元号が発表されました。
安倍総理の会見で、わが国が誇る悠久の歴史にふさわしい元号は何かを考えた。
厳しい寒さの後に見事に咲き誇る梅のように、次世代に明日への希望とともに大きく咲いてほしいという願いを込めているということです。

元号を初めて日本の古典、万葉集から選んだ理由:

譲位されるこの時期にふさわしい和歌であり、万葉集は天皇、皇族、から防人、農民まで地位、身分に関係なく幅広い層の人たちの歌が集められ、豊かな国民の文化が日本にはあるという。尤もですね。

人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ。

日本には色あせることのない価値があり、世界に誇るべき文化がある。

その文化を育み、自然の美しさを愛でることが出来、そういう国民と切り開いていくと受け取りました。

1400年近く元号が続き国家が安泰であるのは、世界広しといえども日本だけではないでしょうか。

梅花32首の序文の背景は?

令和の基になった万葉集,五巻の梅花(うめのはな)32首の序文に当たるそうです。
天平二年正月にと始まっていることからその歴史と当時の背景が想像できます。
宴が催されている様子です。
歌の序文には、梅がおしろいをつけているかのような白さ、そして蘭が香り・・・松の様子や山並みには雲があり、庭には蝶が飛んでいる様、などなど平和で穏やかな様子が見て取れます。

そこにお酒もあり、歌を詠み・・・となんと優雅な世界だろうと想像できます。
(万葉集  講談社 中西 進著書を参考)


酉の市には福を搔き集める熊手市が繁盛します。小判、鶴、亀、おかめなど

酉の日は秋の収穫を祝い感謝のしるしに鶏を奉納したのがはじまりだそうです。
2016年の今年の酉の市は浅草では11日(一の酉)と23日(二の酉)。

浅草の鷲神社(おとりじんじゃ)の御祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)、本武尊(やまとたけるのみこと)です。

酉の市まで長い長い行列が出来、神社参りに訪れる人や市に来る人たちで賑わいます。

一の酉、二の酉、三の酉の日などがあり、この日に熊手市が開かれます。
熊手は庭や境内などを掃くときに使う掃除道具です。

その熊手は掻き集めることから、運を掻き集めるという縁起かつぎから始まったと言われています。
日本には昔から自然の恵みに感謝する行事がたくさんあります。

福を願うのは人の常。
熊手に小判、俵、松、鶴、亀、鯛、おかめなども付ける様になりました。

この写真の熊手は七福神が乗っています。

2016/11/ 8 11:50

縁起を担いで多くの人たちで賑わう酉の市、一度は訪れてみてはいかがですか。
商売繁盛、家内安全!

*大黒様*
大きな袋を肩にかけている大黒様、大国主の命のことですが、あの大きい袋は兄弟の袋を背負わされてあんなに大きな袋になったという神話があります。